日帰り名古屋旅行の際におすすめの遊び場所

ホテル3

名古屋とは、新幹線に乗車すると関西からすぐ到着するほか、関東・中国地方からでも1時間半から2時間程度でアクセスする事が出来ます。そして、2000年代に入って新たな名所や観光スポットが続々誕生しているため日帰りで遊びに行けるエリアの人達から熱い視線を浴びています。

そんな名古屋への日帰り旅行を計画しているかたがた向けに、名古屋の歴史・おすすめスポットなどをご紹介します。

(赤ちゃんと一緒にわくわく名古屋旅行!)


日本を代表する観光地・名古屋市の紹介

名古屋市は「東名阪(東京・名古屋・大阪)」という言葉があるように、日本の三大都市扱いされている日本を代表する大都市です。人口は東京23区の各区を除外すると全国の市町村の中で3位となる約230万人の人口を誇り、名古屋駅東口から栄地区にかけては全国有数の規模の繁華街が広がります。

室町時代まで緩やかな成長を遂げていた地域ながら、戦国時代に入ると名古屋地域で誕生した織田信長・豊臣秀吉をはじめとする戦国武将が活躍しました。その後、江戸時代に江戸と京都を結ぶ街道「東海道」が開通して宿場が設置された事、徳川家康(岡崎出身)が名古屋城を築城した事により江戸時代に急速な発展を遂げます。

江戸時代に宿場町・城下町として栄えたのち、明治時代に入ると名古屋城付近に名古屋駅ができ、同時期に名古屋市が発足しました。その後、昭和初期には早くも人口100万人を突破し、鉄道網の発達と共に移住者が増えていって全国有数の都市へと成長してきた歴史をもちます。

なお特徴といえるのは名古屋駅周辺と同じくらい、もしくはそれ以上、駅から少し離れた旧城下町エリアの栄地区が発展しているという点です。そんな名古屋市内には、栄地区を中心に魅力的な遊び場・観光スポットがあります。

名古屋市へのアクセス(実は幅広い地域から日帰りで遊びに行ける)

名古屋市は関西寄りの地域のため、新幹線に乗車すると京都駅から1駅・35分、新大阪駅からでも約50分で到着するため、京都・大阪からは気軽に遊びに行けます。

さらに、新横浜駅から約1時間20分・東京駅からは1時間40分で着くため首都圏から泊りがけでなく日帰りで遊びに行く事も十分に可能です。

そのため、地元の様々な遊び場に行き尽くして飽きてきてしまっているような場合は思い切って新幹線で名古屋まで遊びに行ってみるのもおすすめといえます。

その他、岡山駅からは東京同様に約1時間40分・広島駅からでも2時間強のため、中国地方から日帰りで訪れる事もできます。

SKE48ファンにおすすめのサンシャインサカエ

江戸時代から発達してきた歴史をもつ栄地区ですが、この地区は正直言って2000年代半ばまで全国的に見て知名度が高いとは言えませんでした。しかし2008年に東京・秋葉原拠点のアイドルグループ「AKB48」が、名古屋の栄地区を拠点とする「SKE48」を始動させた事で一気にその名を知られるようになります。

栄地区は、全国に存在するSKE48のファンの方々には素晴らしい場所で、栄駅のそばにはサンシャインサカエという個性的な外観の建物がそびえたっています。この中にはSKE劇場があってチケットを取れた場合にはトップアイドルの姿を間近で見られるほか、チケットがなくても「SKE48 CAFE&SHOP」で飲食ができます。

店内にはメンバーの直筆サインやメッセージが点在していて彼女達を身近に感じられる場所です。なお、店内には大画面のスクリーンが設置されており、彼女達のライブを生で見られなくてもライブ映像を見られます。グッズ販売コーナーに関しては、かなり幅広いものを売っていて食べ物類も販売されていますので、アイドル好きの友達等に土産を買うには適した店です。

なお、このサンシャインサカエの入り口には巨大な観覧車が設置されていて500円硬貨を入れると乗車できるようになっています。この観覧車が最高地点に達した時には、名古屋の中心街を見渡す事が出来るため、サンシャインサカエに来た場合は観覧車にも乗ってみる事をおすすめします。

栄地区には大型商業施設やカフェ(喫茶店)が多数

名古屋駅構内・付近には多数の大型商業施設が出店していますが、街としての歴史が古い栄地区にはそれ以上の数の大型商業施設が出店しています。細かく見ていくと古くから営業する名古屋系百貨店を中心に、若者向けのファッションビル、低価格系の店が中心のショッピングモールまで様々です。

そして、各館内には素敵な内装の店がたくさん出店していますので買い物やウインドーショッピングが好きな場合は大型商業施設を巡ってみるのも良いでしょう。また栄地区は全国有数のカフェ(喫茶店)激戦区として知られ、モーニングが充実していますので、街を歩いていて気になる店があったら立ち寄ってみる事をおすすめします。

名古屋城は歴史好きの人達向け

愛知県に生を受けた江戸幕府の初代将軍・徳川家康が築城した名古屋城は市のシンボルで、最上部にある「金シャチ」はTVに頻繁に映るため大変有名です。そんな名古屋城の「金シャチ」を間近で見られる名古屋城とその周辺の公園は歴史好きの人達にはたまらない遊び場・観光地といえます。

まず天守閣そばの本丸御殿に関しては中に入って貴重な展示物を近くで見る事ができ、緑豊かな名勝二之丸庭園では森林浴をしたり茶亭で軽食をとれます。その他、名古屋城の堀の北側に位置する名城公園も、広大な敷地内で様々な事をして過ごせる良い場所です。

家族向けの東山動植物園

続いて、大人も子供も楽しめる良い場所を挙げるとしたら、それは千種区東部エリアの東山動植物園です。こちらは名古屋駅からでも地下鉄でも出入り口そばの駅まで18分でアクセスできるため、遠い地域から日帰りでやってきた場合でも遊びに行けます。

動物園としては、ゴリラ・熊・ゾウといった大きな動物からコアラ・猿などの小さな動物まで500種もの動物を間近で見る事が可能です。植物園に関しては約7000種の植物が栽培されているほか、岐阜の白川郷から移設した合掌造りの家なども展示されています。

その他、中心部には「東山スカイタワー」という素晴らしい眺望のタワーが建っており、展望デッキからの景色には定評があります。

子供に喜ばれるLEGOLAND JAPAN

続いて、大人は楽しめるかどうかわからないものの、子供に素晴らしい体験をさせてあげたい場合のおすすめスポット情報です。子供の遊び場として一番といえるのが2017年春に開園したテーマパーク「LEGOLAND JAPAN」で、こちらは世界で8番目にオープンしたレゴランドになります。

開園以来、名古屋の新たな名所として定着しており、TDRやUSJと比べて明確に子供層をメインターゲットにしているため、お子さんに喜んでもらえる事間違いなしです。ちなみにLEGOLAND JAPANは駅からだいぶ離れているもののアクセス環境が優れており、名古屋駅から名古屋臨海高速鉄道あおなみ線に乗ると24分で到着します。

そんなこのスポットも東京・大阪などから十分日帰りで遊びに行く事が可能です。